HOME>注目記事>口腔の悩みを克服するにはセルフケアより歯科治療を

プロから歯磨きを教えてもらう必要性

歯医者

亀有の歯医者では正しいブラッシング指導をしてくれるので、口腔環境改善に役立ちます。歯磨きは1日1回であっても、完璧に磨けていれば問題はありません。しかし多くの場合において、1回の歯磨きで歯垢を取り切ることはできないので、毎食後に磨くのが好ましいわけです。歯を磨かないまま8時間ほど経過すると、歯垢が発生してきます。さらに16時間ほど経過すると、磨いても除去が難しくなるのです。まだやわらかい状態で除去する必要性があることから、1日に最低でも2回は磨く必要があります。歯ぐきが腫れているようなら、歯磨きの仕方に問題があるのかもしれません。歯ぐきが侵食されると歯周病になり、歯が不安定になってきます。歯周病の原因の多くは歯垢ですが、歯垢は虫歯の発生も促進します。完璧に歯磨きをしているつもりでも、汚れの1~2割は残っていると言われているのです。この汚れが積み重なることで、やがて落とせない汚れになります。亀有の歯医者を利用するメリットは、虫歯や歯周病を治すだけではありません。歯垢を極力溜めないためのブラッシング指導も行ってくれるのです。

入れ歯で噛み合わせを改善できる

口元

亀有の歯医者は歯周病を予防し、生活の質を向上させるために役立ちます。歯はすべて揃っているからこそ、本来の咀嚼力や審美性を期待できるのです。1本がなくなるだけで全体のバランスが崩れれば、歯以外のトラブルの原因にもなります。上手に噛むことができなければ、肩こりや腰痛を招いてしまうかもしれません。近年は最新医療が注目されていますが、こうしたメニューは総じて高額です。多くの人は保険適用となる入れ歯で歯を補填するのが一般的でしょう。たった1本の欠損によって全体的な噛み合わせに問題が生じますし、左右に異なる負荷がかかります。また食べ物を噛むときにも違和感があり、意識的に噛み方を変えるようになるでしょう。違和感が継続する状態は好ましくなく、片方でばかり噛むなどして肩こりが生じることもあります。歯が抜けたり欠けたりしたときは、早めに亀有の歯医者で治療を受けてください。

広告募集中